はじめてのお客様は“あの職業”!! 意外と知らないクルマメーカーの歴史・スズキ編

はじめてのお客様は“あの職業”!! 意外と知らないクルマメーカーの歴史・スズキ編

新車販売のうち約40%が軽自動車と言われるほど、売れに売れている軽自動車。

ボディサイズやエンジンの排気量には制限があるものの、普通車に優るとも劣らない実用性と、普通車よりも安い金などの維持費の安さを武器とした日本ならではのクルマです。

いまでこそスズキとダイハツの二社に、ホンダそして日産&三菱の連合が加わって活況を呈していますが、それでも軽自動車に重きを置いているのはスズキとダイハツの二大メーカーに違いありません。

今回、紹介するスズキが初の量産軽自動車「スズライト」を発売したのは1955年のことでした。

スズキの“スズ”と、軽いと光明の“ライト”を掛け合わせた「スズライト」は、359ccの空冷2サイクル2気筒エンジン(15.1ps/3800rpm)を搭載するほか、FF方式を四輪車に初めて採用したモデルであり、2008年には軽自動車のあり方を示唆した歴史的な名車として日本自動車殿堂歴史車に選ばれました。

そんな「スズライト」の記念すべき第一号車のお客様は誰なのかご存じでしょうか?

資料によると、その方は“お医者さん”だそうです。

医師と聞くと高級セダンを乗り回しているイメージが強いですが(ドラマの見すぎ?)、そのお客様は「早く患者さんのところに往診にいきたい」ということから「スズライト」を購入したとのこと。たしかに、小柄なボディなら狭い道でもキビキビと走れますよね。

その後、仕事に役立つクルマとして発展を遂げ、いまでは生活を支える交通手段として先述したとおり多くの人に愛されるクルマとなっています。

さらに、日本で培った技術は新興国向けのクルマにも応用されており、各国のクルマ社会の発展にも寄与しています。

人の暮らしに合わせて進化の足を止めない軽自動車。現在も拡大を続けるバリエーションが今後どのような姿に変わっていくのでしょうか?

(今 総一郎)

画像付き元記事はこちら:はじめてのお客様は“あの職業”!! 意外と知らないクルマメーカーの歴史・スズキ編(http://clicccar.com/2015/11/01/333145/)

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2015年11月1日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。