世界初のガソリン自動車「ベンツ1号車」が大阪モーターショーに出展

世界初のガソリン自動車「ベンツ1号車」が大阪モーターショーに出展

2015年12月4日(金)~12月7日(月)にかけて開催される第9回大阪モーターショー。西日本最大級のモーターイベントとして、コンセプトカーをはじめ、国内外の最新モデルが一堂に集っています。

そんななか、産業技術短期大学の学生たちが、1885年に開発された世界初のガソリン自動車「ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン」を再現し、同車両を展示しています。


・全長×全幅×全高:2547mm×1454mm×1623mm
・車両重量:313kg
・エンジン:水冷単気筒(984cc)

「ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン」はカール・ベンツが設計し、単気筒4ストロークエンジンを車体後方に載せた3輪車。

当時の長距離移動はもっぱら馬車によって行なわれていたため、すべてが機械で動く自動車に対する目は冷ややかなものでした。

そんな状況に対して、カール・ベンツの妻であるベルタ・ベンツは夫の寝ている隙に、「ベンツ・パテント・モートルヴァーゲン」で旅行に出発。道中で多くの人の注目を集めて、自動車の有用性を証明したと聞きます。

現在は、愛知県長久手市にあるトヨタ博物館にレプリカが展示されており、再現にあたってはこの車両を採寸。目視で確認できない部分は資料などから推測し図面を起こしたとのこと。

最新モデルも魅力的ですが、すべてのクルマの原点ともいえる「ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン」も見逃せません。展示は4号館にて。

【開催概要】
名称:第9回大阪モーターショー
開催期間:2015年12月4日(金)~2015年12月7日(月) 平日10:00~17:00、土日9:30~18:00
会場:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
チケット情報:大人(中学生以上)1600円 ※小学生以下入場無料

(今 総一郎)

画像付き元記事はこちら:世界初のガソリン自動車「ベンツ1号車」が大阪モーターショーに出展(http://clicccar.com/2015/12/06/342225/)

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。