タイヤは冷やしたほうがいいこともあるんです【ポテンザS001 RFT】

タイヤは冷やしたほうがいいこともあるんです【ポテンザS001 RFT】

パンクしてもしばらく走れるランフラットタイヤの最新モデルが、「ポテンザS001 RFT」。従来とは構造を大幅に変えた“第3世代”と呼ばれるランフラットタイヤで、従来の欠点だった乗り心地の悪さを大幅に改善することに成功しました。

「S001 RFT」で乗り心地の改善にもっとも効いたのはタイヤサイド部を薄くしてたわみやすくすること。しかし、ネックとなるのが空気圧が抜けたときに強度を保つにはタイヤサイド部は強くないといけないという、当然といえば当然の条件。その相反する条件を両立するための技術のひとつが、タイヤの横に刻んであるフィンなのです。

これ、何かといえばタイヤ周囲の風の流れをあえて乱し、タイヤの表面に冷たい空気を当てるためのもの。空気でタイヤ側面の発熱を防ぎ、熱を持たせないことで空気圧ゼロの状態でもタイヤの損傷を防ぐんだそうです。

暖めたほうがグリップしたり、冷ましたほうがダメージが少なかったり、タイヤの温度管理もいろいろ大変ですね。

(工藤貴宏)

【すべての画像が見られない方は】http://clicccar.com/2011/06/20/35188

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2011年6月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら