後席にも人を乗せるセダンなのに「2ドアセダン」が主流の時代があったワケは?【Corolla Stories 8/50】

後席にも人を乗せるセダンなのに「2ドアセダン」が主流の時代があったワケは?【Corolla Stories 8/50】

セダンと言えば、一般に大人4人が窮屈なく乗れる、いわゆる乗用車のスタンダードの形です(日本ではミニバンも乗用車のひとつの典型になっていますが)。

そんなセダンで思い浮かべるボディの特徴といえば、「4つのドアを持っていること」もそのひとつではないでしょうか。後席もよく使用する前提のクルマですから、後部ドアがあるのが普通と考えるのは当然でしょう。

1966年10月にデビューした初代カローラは、デビュー時には2ドアセダンのみだったのですが、その半年前にデビューした初代サニーも当初は2ドアセダンのみ。実はカローラもサニーもそのあとで4ドアセダンが追加発売されているのです。

しかし、兄貴格のコロナやブルーバードでは、初代から4ドアセダンがメインでした。この違いの背景には、4ドアセダンが贅沢の象徴であったという話もあります。

ドアが増えると部品点数が増えて製造コストが上がるのはもちろん、技術的には、ボディ剛性確保などの面からも4ドアは不利になります。ですから、4ドアセダンというは贅沢な存在でもあったのです。

 

また当時の海外マーケットの主戦場であった北米市場では、サイズが小さいこともあり、パーソナルユースがメインであったので2ドアが好まれていたという話もあります。開くところが多いということは、防犯上望ましいことでないのも理由かもしれません。

 

初代から知る人にとってカローラは、イコール2ドアのイメージだったかもしれません。


当時の記事を読む

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。