新型GT-Rの開発責任者はGT-RコンセプトとR34 GT-R Mスペックの産みの親!

新型GT-Rの開発責任者はGT-RコンセプトとR34 GT-R Mスペックの産みの親!
拡大する(全4枚)

■新型GT-R開発責任者は、GT-RコンセプトとR34GT-R Mスペックの産みの親!

縁は異なもの味なものといいますが、新型GT-Rにも不思議な縁を感じます。

開発責任者の田村CPS(チーフプロジェクトスペシャリスト)は、かつてR35GT-Rの原点ともいうべき2001年発表の「GT-Rコンセプト」を立案。当時は斬新すぎて2ペダルに対する反発も強かったというエピソードからも伺えるとおり、まさしくR35GT-Rの基本構想の産みの親なのです。

さらにR34GT-R時代には、走りを極めたVスペックに対し、大人のプレミアムな乗り味を実現したMスペックを開発してGT-Rの新しい価値を創造しました。ちなみにR34GT-Rでは、MスペックはVスペックと同じくらいの販売台数を誇るとのこと。

そして今回の新型R35GT-Rのビックチェンジでも、腕を振るうことになったのです。

■標準車で目指したのは「非日常の超性能」と「日常のプレミアム性能」の両立

新型GT-Rの開発では、1000万円を超えるスーパースポーツカーとして、速さの追求はもちろんのこと、Mスペック同様に大人が味わいを堪能できる性能の実現を目指しました。
ただそれは、非日常の走りを堪能できる超性能と、日常では快適性と高級感を備えたプレミアム性能を同時に両立すること。

開発陣にとって、この難易度は「目標」というよりも「理想」に近いものかもしれません。そのため、フルモデルチェンジではないにも関わらず、開発における熟成の手は、タイヤ以外全てに及んだそうです。


この記事の画像

「新型GT-Rの開発責任者はGT-RコンセプトとR34 GT-R Mスペックの産みの親!」の画像1 「新型GT-Rの開発責任者はGT-RコンセプトとR34 GT-R Mスペックの産みの親!」の画像2 「新型GT-Rの開発責任者はGT-RコンセプトとR34 GT-R Mスペックの産みの親!」の画像3 「新型GT-Rの開発責任者はGT-RコンセプトとR34 GT-R Mスペックの産みの親!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク