AE86カローラ・レビンに採用された世界初の画期的な装備とは?【Corolla Stories 22/50】

AE86カローラ・レビンに採用された世界初の画期的な装備とは?【Corolla Stories 22/50】

クルマの前方には大きな穴、フロントグリルがあるのが一般的ですが、なぜそこに穴があるのかわかりますか? ここから空気を取り入れて、エンジンの燃焼に使う空気を取り入れたり、エンジンを冷やして温度を安定させる冷却水を冷やすラジエターに風を当てるためのものです。

1983年に誕生した5代目カローラのラインアップにあるスポーツモデルの「レビン」に量産車として世界初採用された装備がありました。

それが、そのラジエターグリルを開閉させる機構です。

5代目カローラのレビンと言えば、その車両型式「AE86」という記号から、ファンの間でも「ハチロク」と呼ばれるようになったクルマです。

このレビンの上級モデルに採用されていたのが「エアロダイナミックグリル」というものでした。

必要な空気を取り入れるための穴を閉じてもいいの?と思われるかもしれませんが、実は閉じた場合のメリットもあるのです。

例えばエンジンの水温が温まりやすくなり、早くエンジンを安定状態にすることができます。冬場はヒーターが早く効くことになりますね。またエンジンルーム内に流れ込む空気の量が制限できるので、空気抵抗を低減するデザインとすることもできます。理論上は無駄な熱を逃がさないことで熱効率がアップし結果燃費が良くなるとも考えられます。開けたり閉じたりを上手に利用することで、性能を高めたクルマでもあったのです。
 
この驚きの装備が、世界初としてカローラ・レビンに搭載されたのです。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2016年10月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。