霊場恐山で私が怖いと感じないワケは?【車中泊女子の全国縦断記】

霊場恐山で私が怖いと感じないワケは?【車中泊女子の全国縦断記】

晴天に恵まれた霊場『恐山』

2011年7月13日(火) 晴れ 30度 暑い!!!
先日の青森市内よりはいくらか涼しい下北半島にある霊場『恐山』(おそれざん/おそれやま。入山料¥500)に、お参りしてきました。
高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場のひとつ。下北半島国定公園に指定されています。

 

恐山と言っても「おそれざん」という山はなく、釜臥山、大尽山、小尽山、北国山、屏風山、剣の山、地蔵山、鶏頭山の八峰を含む外輪山の総称です。阿蘇山とおなじですね。
地理でいう恐山山地とは下北半島のまさかり部分にある山地全体を指すので、いわゆる『霊場 恐山』とは区別されているそうです。
あたりには硫黄臭が立ちこめているのですが、九州の硫黄臭とはちょっと違う感じがします。よりタマゴの黄身臭が強いというか。

本坊はむつ市田名部にある曹洞宗円通寺で、開山は貞観4年(862)。開祖は天台宗を開いた最澄の弟子である慈覚大師 円仁(えんにん)です。
「東へ向かうこと三十余日、霊山ありその地に仏道をひろめよ」との夢のお告げに従い、諸国を行脚して辿り着いたのが、ここ恐山であるといわれています。
元は天台宗の修験道場だったのですが、いったん室町時代(1457)に廃れたものの同じ室町時代(1530)に再興され、以後、曹洞宗の寺として栄えました。
地蔵殿にはご本尊である延命地蔵菩薩が安置されており、本堂内には東日本大震災で被災し亡くなられた方の供養碑も安置されていました。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2011年7月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら