クルマの「色」は飾りじゃない! オートカラーアウォードが日本車を変える

クルマの「色」は飾りじゃない! オートカラーアウォードが日本車を変える

1年間に発売された新車のカラーデザインを評価・表彰する「オートカラーアウォード」。今回、マツダ・ロードスターがグランプリを受賞したこの制度の狙いはどこにあるのか? さっそく選考委員に話を聞きました。

[語る人]
一般社団法人日本流行色協会
カラートレンドストラテジー
クリエイティブディレクター
オートカラーアウォード選考委員
大澤かほる 氏

── まずこの制度を設けた経緯からお聞きします

「本協会には、もともとメーカーのカラーデザイナーによる自動車色彩研究の分科会がありました。その中で、クルマのデザインはカタチが優先されるけど、ボディカラーも影響が大きい筈だ、もっとカラーデザインのことを知ってもらうべきだ、という声が挙があがったのです」

── 1998年、いまから19年前ですね

「当時私がこの分科会の担当をしていて、企画を立てました。いまは横浜美術館が会場ですが、初回は平河町の松屋サロンが表彰式会場でしたね。当初は実車ではなく、メーカーから借りた塗板(パネル)で審査をしていたんです」

── 歴代受賞車で印象に残っているクルマは?

「まず、第2回のトヨタ・ヴィッツ。ピンク色の量産車が街中を走ったのはたぶん日本が初で、非常にエポックメイキングでした。しかも、子供っぽくない、大人のピンクがよかった。それから第5回の日産マーチは、オレンジなど当時のトレンドにぶつけてきた。チームが通ったカフェの食器から、野菜や果物のイメージで統一した発想も斬新でした」


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2017年1月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら