【スズキ新型スイフト試乗】国産コンパクトトップレベルの一体感ある走り!!

【スズキ新型スイフト試乗】国産コンパクトトップレベルの一体感ある走り!!

まるで現行マツダ・デミオに引っ張られるように、トヨタ・ヴィッツなど国産コンパクトカーの走りは、以前の「安かろう悪かろう」から脱却し、走りや乗り味の面で我慢を強いられることはほとんどなくなっているように感じます。

スズキは現行デミオが出る前からスイフトやスプラッシュなどのコンパクトカーのキーワードとして「欧州で鍛え上げた走り」を掲げ、ファンからその走りが評価されてきました。

一方で国産コンパクトカーを買う層は、走りよりもまずは予算や燃費などを重視する人が多そう。そこで新型スイフトには27.4km/Lのマイルドハイブリッド(1.2L)を初めて設定し、さらに、1.2L NAのガソリンエンジン車は130万円台中盤から展開することで値頃感を抱かせるラインナップとなっています。

新型スイフトは、1.2LのNAエンジン(5MT/CVT)、1.2Lを積むマイルドハイブリッド(CVT)、1.0Lの直噴ターボ(6AT)という3つのパワートレーンを用意しています。

パワートレーンを問わず、共通する長所は走りのよさ。「HEARTECT(ハーテクト)」と呼ぶBセグメントフォームを採用し、車両全体で120kgもの軽量化を果たしているのが最大の注目点。

840kg~970kgという新型スイフトの車両重量は、ヴィッツの970kg~1110kg、デミオの1010kg~1130kgと比べても驚異的といえるほどの軽さで、軽自動車並に収まっています。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。