葬式鉄がいるなら葬式バスもいるらしい。引退する関東バス3ドア車を追え【バスヲタ】

葬式鉄がいるなら葬式バスもいるらしい。引退する関東バス3ドア車を追え【バスヲタ】

主に中央線、西武線沿線で活躍している関東バスは、狭いバスローターリーでの降車時間を短縮するために1964年に3ドアバスを導入したことで有名となったが、その3ドアバスが風前の灯火なのだそうだ。

で、どんなバスなのかというとこんなバス。

[写真C5138]

これは5100代「U-UA440LSN」といって関東バス最後の標準尺(長尺)のバス。日産ディーゼルのE-MATIC(自動マニュアル)車で、車体は富士重工7Eのスーステップ構造だ。青梅街道営業所のC5138は1992年から導入されたが、先日除籍され、現在残っているのはC5152の1台のみとなったらしい。

3ドアバスは、途中の停留所では真ん中の扉は開かない、前と真ん中だけ開いている姿は珍しいかも。

 

 

同じ日産ディーゼル製では5100代の兄弟車として車体が短い3400代「U-UA440HSN」がある

[写真C3496]

上の5100代と比べて前ドアと中ドア間の窓の数がひとつ少なく、全長が短いことがわかる。ミッションは5100代と同じE-MATIC。

 

この3400代にはフィンガーシフト(MT)バージョン車の3000代「U-UA440HSN(同形式)」も存在します。

[写真3011]

この他に三菱ふそうエアロスターに富士重工7E車体を載せた「U-MP218K」2000代もC2002の1台だけが青梅街道営業所に残存。この三菱ふそう+富士重ボディは全国的に珍しいらしい。C2002は5月に継続検査を受けたので、最後まで残る1台となりそうだ。

3ドアバスは2011年度をもって全廃されることになっているため、最近はバスロータリーでカメラを構えているバスマニアの姿を見かけるようになった。鉄道では廃車される電車を追いかける葬式鉄がいるけど、バスにも葬式バスっているのかな?

 

 

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2011年7月29日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。