Vクラスのショートボディにスタイリッシュな「V 220 d Sports」が追加

Vクラスのショートボディにスタイリッシュな「V 220 d Sports」が追加

日本の「ポスト新長期規制」に適合すべく専用開発された2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載するメルセデス・ベンツVクラス。2017年7月5日、スタイリッシュな内・外装が特徴の「V 220 d Sports」が追加されました。デリバリー開始は今年9月頃の予定とされています。

Vクラスは、1998年に初代が日本に上陸し、2003年にはビアノに車名を変更。2015年のフルモデルチェンジを経て、7名乗車や左右両側の電動スライドドア、リヤエンターテインメントシステムなど日本のニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図ってきたことで、累計販売台数2万台を超えるロングセラーになっているそう。

新グレードの「V 220 d Sports」は、「V 220 d」をベースに、内・外装のスポーティでスタイリッシュな印象を強調する「AMGライン」を採用。

「AMGライン」は、すでにロングボディの「V 220 d Sports long」で採用されており、好評とのことです。

外観は、AMGデザインエクステリア(フロントスポイラー、リヤルーフスポイラーリップ)、専用19インチの「AMG7ツインスポーク」アルミホイールを装備し、インテリアには、カーボン調インテリアトリム、ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)などが用意されています。

さらに、通常は有償オプションとして設定しているメタリックペイントを、一部を除き無償オプション化されているのも朗報。「V 220 d Sports」の価格は680万円。なお、Vクラスの価格帯は550万~819万円となっています。

(塚田勝弘)

画像付き元記事はこちら:Vクラスのショートボディにスタイリッシュな「V 220 d Sports」が追加(http://clicccar.com/2017/07/08/489280/)

あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2017年7月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュース

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。