トロロッソへのパワーユニット供給は未来のレッドブル・ホンダにつながる!?【F1速報×F1女子~シンガポールGP号~】

トロロッソへのパワーユニット供給は未来のレッドブル・ホンダにつながる!?【F1速報×F1女子~シンガポールGP号~】

今年で10回目の開催となったシンガポールGPは初めてのナイトウエットレースとなり、スタートから大混乱! こんな展開ってあるの!?と驚くほど、ドラマチックなレースになりましたよね。

そんなシンガポールGPを改めて振り返りたいのであれば、9月21日(木)発売の「F1速報シンガポールGP号」がオススメ。本誌の見所と合わせてご紹介します!

■FOCUS OF THE GRAND PRIX

スタート直後、フェラーリ2台に挟まれたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は行き場をなくし、キミ・ライコネン(フェラーリ)と接触。ライコネンはコントロールを失いチームメイトのセバスチャン・ベッテルに激突、さらに1コーナーで再びフェルスタッペンに激突し3台ともリタイアとなってしまいました。

あの光景は衝撃的すぎて未だに脳裏に焼き付いて離れません。「FOCUS OF THE GRAND PRIX」から、それぞれの言い分を見てみましょう。

「スタートは平凡だった。それでマックスを牽制しようとちょっと左に寄せたんだ。次の瞬間、左サイドに強い衝撃を感じて、キミのマシンが当たったことが分かった。実際に何がどうなったのか僕にはよく分からない」(セバスチャン・ベッテル)

「幅寄せしてきたのは彼(ベッテル)だからね。僕の左側にキミがいるのが見えなかったのかもしれないが、それは言い訳にはならない。タイトルを争っているのなら、つまらないリスクは冒すべきじゃない。あの時、僕は何とかスペースを空けようとしたんだ。レーシング・アクシデントだとは思っていない。3台があの事故に絡んで、僕が真ん中にいた。ミスもしていなければ、間違ったこともしていない」(マックス・フェルスタッペン)


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2017年9月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら