【東京モーターショー2017】FCV「Fine-Comfort Ride」は、エスティマ以上ヴェルファイア以下サイズの6人乗りミニバン!?

【東京モーターショー2017】FCV「Fine-Comfort Ride」は、エスティマ以上ヴェルファイア以下サイズの6人乗りミニバン!?

2017年の自動車業界の流行語大賞があるとすれば「EVシフト」を推したくなるほど、新聞やTVなどを賑わせています。

しかし、EVのオーナーの中には、ガソリンスタンドに行かずに済むなどの利便性を実感する反面、簡単には「シフト」しないのでは? という感想を抱く方もいるかもしれません。

一部の高級EVをのぞき、通勤や買い物などの短距離なら十分まかなえる一方で、長距離だと何度も急速充電を繰り返さなければ目的地に到着できず、帰ってくることもできません。

400kmに延びた新型日産リーフも実電費は、巡航速度や勾配、外気温などによって異なるでしょうが、短いと半分程度になる可能性も考えられます。また、急速充電に30分程度はかかるという時間面の課題もあります。

一方、トヨタが推進するFCVは、水素ステーションの建設費が5億円にのぼるなどの理由から当初の予定どおり進んでいません。しかし、航続可能距離はEVよりも長く、水素充填は3分もあれば完了。

このようにEVもFCVも課題を抱えているわけですが、トヨタからはFCVのさらなる可能性を示すというコンセプトカー「Fine-Comfort Ride」が公表されました。

「Fine-Comfort Ride」は、電動車ならではの自由なレイアウトと水素をエネルギー源とする大電力量を活かし、「プレミアムサルーンの新しいかたち」として提案するとしています。

航続可能距離は、FCVの利点を活かして重量増になると思われる車内装備を充実させながらも、約1,000km(JC08モード)の航続距離を実現。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2017年10月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。