EV技術は日々進化中。新型リーフはキャリーオーバーでも大幅な性能アップを実現

EV技術は日々進化中。新型リーフはキャリーオーバーでも大幅な性能アップを実現

大きなイメージチェンジを遂げた2代目となる新型リーフですが、今回のフルモデルチェンジではプラットホームなどの基本骨格やメカニズムを先代からキャリーオーバーしています。

新型リーフは、ボディ系の熟成に加え、EV技術の電力系と制御系のアップデートによって、JC08モード走行距離400kmといった大幅なEV 性能の進化を実現しました。

特にEV技術は進化の現在進行形で、EVの潜在ポテンシャルを感じるところであり、面白いところでもあります。

新型リーフのボディを見てみると、踏襲したプラットホームをベースにリア開口部のボディ補強など、適所に補強を施して剛性を上げて操縦安定性を向上。また「静かなEV」のイメージを更に際立たせるために、遮音に加えEV特有のモーターノイズ対策を施して静粛性を改善しました。

EV技術の電力系ではリチウムイオンバッテリーのセル正極材を見直してセルの厚みを増やし、積層とモジュール構造の最適化を実施。その結果、先代と同じ外形寸法のままでバッテリー容量で約30%増の40kWhを達成しました。

またモーターも先代と同じながら、最高出力は30kW増えて110kW(150ps)、最大トルクは40Nm増えて320Nm(32.6kgm)と大幅なパワーアップを実現しました。これは、直流から交流に変換するインバーターのパワーモジュールの冷却構造の改良によって出力電流値を増大した結果で、EVならではの技術特性が見て取れます。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2017年10月23日の経済記事
「EV技術は日々進化中。新型リーフはキャリーオーバーでも大幅な性能アップを実現」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「キャリーオーバー」って何よ?こんな用語、車業界じゃ使わんぞ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら