【スバルBRZ STI Sport試乗】コストパフォーマンスも高いSTI Sport

【スバルBRZ STI Sport試乗】コストパフォーマンスも高いSTI Sport
       

スバルのスポーツモデルBRZに新たに追加されたSTI Sportは、その下に位置するGTと比べて21万6000円高という価格設定になっています。

機能パーツでの追加装備となるのは、215/40R18サイズのミシュラン・パイロットスポーツ4、ザックス製のスプリング、STI製のフレキシブルVバーとフレキシブルドロースティフナーです。このうち、純粋な追加はフレキシブルVバーとフレキシブルドロースティフナーで、タイヤは17インチとの入れ替え、スプリングはザックス製でない製品との入れ替えになります。

実際、これだけの機能パーツを後付けで購入・装着した場合、元のパーツをオークションで売ったとしても、差額を埋めることは難しい感じがしますので、この時点でSTI Sportは「コスパ高し」と言えるでしょう。

エクステリアでは、専用フロントバンパーが採用されていますが、GTとの差はほとんど感じることはありません。GTにはフォグランプが組み込まれていますが、STI Sportはそれがない程度です。フロント&リヤのSTIエンブレム、ブラックのBRZエンブレム、STIロゴ入りの専用フロントフェンダーガーニッシュ、ブラックのドアミラー&シャークフィンアンテナを採用が採用されています。エクステリアではさほどコストパフォーマンス面を感じることはできません。

インテリアは専用パーツが多く、アルカンターラ&革シートにはボルドー色を採用されています。また各所にレッドステッチが採用されていることや、STIロゴ入りパーツが採用されているところも特徴的で、コストパフォーマンスを高く感じることができます。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スバル」に関する記事

「スバル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スバル」の記事

次に読みたい「スバル」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。