新型スバル・フォレスターが世界初公開【ニューヨーク国際自動車ショー2018】

新型スバル・フォレスターが世界初公開【ニューヨーク国際自動車ショー2018】

SUBARUには、アウトバックというワゴン派生型のクロスオーバーモデルがありますが、現在はモデル末期になっているフォレスターが日本における貴重なSUVになっています。

現行のフォレスター・オーナーはもちろん、SUBARUファン待望の新型SUBARUフォレスターが、3月28日から(一般公開は30日から)4月8日まで開催される2018年のニューヨーク国際自動車ショーにおいて世界初公開されることが発表されました。

ワールドプレミアに先立ち公開された新型フォレスター(北米仕様)の写真は、「コ」の字型のテールランプが目を惹くリヤビュー1点のみですが、インプレッサ、XVに採用されているSGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)が採用されるほか、純ガソリン仕様に加えて、ハイブリッドやプラグインハイブリッドなどの有無も注目点になりそうです。

(塚田勝弘)

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2018年3月14日の経済記事
「新型スバル・フォレスターが世界初公開【ニューヨーク国際自動車ショー2018】」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    もう馬鹿みたいにSUVやめようよ。飽きた。

    0
  • 匿名さん 通報

    先が尖っていて先端の光が薄くなっているコの字型のテールランプって電球が切れかかっているように見える。デザインが見る人に与える力強さとか安心感がない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。