【ジャガー・Eペイス P250試乗】「ベイビージャガー」でも、たっぷりした横幅と仕立てはプレミアム

【ジャガー・Eペイス P250試乗】「ベイビージャガー」でも、たっぷりした横幅と仕立てはプレミアム

世界的に人気のカテゴリーとなっているのがSUVです。今まではSUVには参入していなかったブランドも、次々にSUVを製造してきています。ジャガーではすでにFペイスというSUVを導入していますが、第2弾として「Eペイス」を追加しました。

ジャガーのなかでは小さなモデルというということで「ベイビージャガー」という愛称が与えられましたが、その全幅は1900mmとかなり恰幅のいい赤ちゃんです。ちなみに全長は4410mm、全高は1650mmとなります。

運転席からの視界はバッと開けていて、気持ちのいい風景が広がります。Aピラーはかなり太いのですが、形状が工夫されているので、その太さが気になりません。

 

エンジンは2リットルのディーゼルとガソリン。ディーゼルは180馬力/430Nmのスペック、ガソリンはP250が249馬力/365Nm、P300が300馬力/400Nmのスペックとなります。試乗車は249馬力のP250でした。ミッションは9速で、駆動方式は4WDです。

アクセルを踏んでいくと、かなり勢いよく加速します。最近のクルマとしてはちょっと扱いにくい荒々しさも感じます。走行モードが変更できるジャガードライブコントロールは「コンフォート」「エコ」「ダイナミック」「雨/氷/雪」の4つのモードが変更可能です。この荒々しさを抑えるには「エコ」を選んだほうがいいでしょう。また、加速中にアクセルペダルをゆるめても、すぐに減速モードには入らず、ススッと前に進んでしまうのが気になりました。

...続きを読む

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2018年4月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。