キャンピングカーならではの本当にあった怖い話【車中泊女子のキャンピングカー生活】

キャンピングカーならではの本当にあった怖い話【車中泊女子のキャンピングカー生活】

前回の記事(キャンピングカー旅、停泊場所の思い出エピソード)を書いていて思い出しました。それはキャンピングカーならではの現象です。

筆者は、たまに誰もいないところで停泊することがあります。個人的には、誰もいない方が「ほかに1台・2台だけいる」状況よりも気兼ねなくのんびりできるので、苦ではありません。むしろ「ほかに1台・2台だけいる」方が気になるし、怖いなぁと感じます。

ある夜、冷たいそよ風が吹いていて雨が近いのを感じながら眠りに就こうとすると、トントントン…

かすかな音が聞こえてきました。キャンピングカーの壁を叩いているのかと思って、そーっと外を覗いても誰もいません。何かが飛ばされて来るほどの風でもなし、音は小さくて規則的。いったい何だ!? と正体を探っていたら…

コレでした。サイドオーニングを引っ張り出すためのヒモです。これが風に揺られて壁に当たっていただけでした。

さらにまた別の日。またパタパタパタ…と音がします。オーニングのヒモとは違う音です。しかし、これはすぐ思い当たりました。

コレです。キャンピングカーのキッチンについている換気扇のフタ。使用後はツマミでフタを固定しておかないと、風などで開閉してパタパタ音がするのです。ちなみにツマミは外側についているので、いちいち外に出なければならず面倒。内側から開閉できるタイプに交換したい…。

ところで皆さまは「家鳴り」という現象をご存知でしょうか。「ラップ音」などと怪奇現象と捉えられる向きもありますが、木造家屋や木製箪笥など年数が経つにつれ湿気や乾燥を繰り返すことで乾いた音を発する現象です。筆者も夜中の家鳴りにビビらされた経験が何度もありますが、キャンピングカーに住み始めた当初それがないことに気づき「キャンピングカーって素晴らしい!」と感動したものですが…。

まぁ年数が経てば、家鳴りするようになります。特にプラスチック部分は経年劣化により「パキッ」といっちゃいます。静かな場所で一人で寝ていると、小さな音でも大きく感じるのでビビリました…。

(松本しう周己)

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2018年5月13日の経済記事
「キャンピングカーならではの本当にあった怖い話【車中泊女子のキャンピングカー生活】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    執筆者は本当に怖いと思っているのか?文章からはまったく感じられない

    8
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。