【マツダ・CX-3】「ライトサイジング」化された1.8Lクリーンディーゼルエンジン

【マツダ・CX-3】「ライトサイジング」化された1.8Lクリーンディーゼルエンジン

2018年5月17日にマイナーチェンジを受けたCX-3。発売開始は同年5月31日からとなります。Bセグメント級SUVマツダCX-3は、デビュー以来、日本国内向けは1.5Lクリーンディーゼルのみでした。2017年夏に、待望の2.0Lガソリンが設定され、街乗り中心といった使い方をする層も増えるなど、裾野が広がっています。

ここでは、1.5Lから1.8Lに排気量が拡大されたクリーンディーゼルについてご紹介します。

ダウンサイジングターボの先駆けとなったフォルクスワーゲンにより、その流れはガソリン、ディーゼルエンジンに及んできました。しかし、ここ数年は、フォルクスワーゲン・グループのアウディがプレスリリースなどで、適正な排気量を示す「ライトサイジングエンジン」と言い始め、ポルシェも長年「ライトサイジング」を追求してきた歴史をホームページに掲載。

一方、マツダのエンジン開発を担う人見光夫氏は、以前からダウンサイジングに否定的な見解を述べていて、アウディなどよりも先に学会などで「ライトサイジング(排気量適正化)」について触れ、以前からカタログ燃費よりも実燃費を重視するマツダでは、「スカイアクティブ」エンジンで実現してきたといえるでしょう。

今回、CX-3のディーゼルエンジンが1.5Lから1.8Lに排気量を拡大したのはその好例といえるもので、とくに年々厳しくなる規制(エミッション)も考えるとこうした流れは加速しそう。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2018年5月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。