ホンダが小型ビジネスジェット機「ホンダ ジェット」の国内販売を開始。最新型の「ホンダ ジェット エリート」を導入

ホンダが小型ビジネスジェット機「ホンダ ジェット」の国内販売を開始。最新型の「ホンダ ジェット エリート」を導入

6月6日、ホンダの航空機事業子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」が、小型ビジネスジェット機「ホンダ ジェット」の国内受注を開始すると発表しました。

同機は主翼上面にエンジンを配置することで、胴体にエンジン支持構造を必要とせず、クラストップの広い客室と大容量の荷物室を実現しています。機内の素材質感や造形、構造細部にまでこだわっており、乗員に快適な空の移動を提供。

日本向けには同機の性能をさらに向上させた、最新型の「ホンダ ジェット エリート」を導入するそうで、従来機に対して航続距離を約17%拡大(+396km)、エンジンノイズ低減により静粛性を向上、安全性制御をさらに進化させるなど、主要性能項目でクラス最高水準を実現しているそうです。

ビジネスジェット機を利用する最大のメリットは、移動に伴う時間的制限からの解放。定期便とは異なり、自由な時間に目的地に向かうことができ、空港での待ち時間も大幅に短縮できます。また、静かでプライバシーが守られる機内空間でのビジネスミーティングなど、移動時間の有効活用も可能となります。

ホンダでは国土交通省航空局に対し、本年5月に機体の型式証明申請を行っており、 2019年前半の納入開始を目指しているそうで、同社の八郷隆弘社長はホンダ ジェットの国内発売に際し、「創業の地である日本で販売を開始することができることを心より嬉しく思っている」とコメントしています。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2018年6月7日の経済記事
「ホンダが小型ビジネスジェット機「ホンダ ジェット」の国内販売を開始。最新型の「ホンダ ジェット エリート」を導入」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    時速780キロ=マッハ〇.62。ジェットルートを計器飛行で飛ぶには遅すぎ、有視界飛行で地形を回避して飛ぶには速すぎる。 どんな客層が買うのか?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。