【オートモビル カウンシル 2018】日産自動車が「スカイライン 2000GT-R」や日系メーカー初のフォーミュラE参戦モデルを出展

【オートモビル カウンシル 2018】日産自動車が「スカイライン 2000GT-R」や日系メーカー初のフォーミュラE参戦モデルを出展

今年で3回目となる「オートモビル カウンシル 2018」は、「クラシック・ミーツ・モダン」をテーマに 日本車メーカー5社、 輸入車メーカー1社、 ヘリテージカー販売店31社が一堂に会し、100台を超える往年の名車を最新型車とともに展示・紹介・販売する「名車」イベント。

今年は2018年8月3日(金)から5日(日)まで、幕張メッセの4、5、6ホールで開催されます。開場時間は 9:00~18:00ですが、最終日のみ17:00まで、4日(金)の9:00~12:00は プレスタイムのため一般入場不可となっています。

今回の日産ブースでは、初の国際ラリー競技へ挑戦してから60年の節目を迎えることにちなみ「60 years of performance」というテーマを掲げています。

1958年8月~9月にかけて、苛酷な豪州一周ラリーでクラス優勝を飾った「ダットサン 1000セダン 富士号」をはじめ、ツーリングカーレースで前人未到の通算50勝を達成した伝説の「スカイライン 2000GT-R」(生産車)、モーターショーでセンセーションを巻き起こしたスーパースポーツカー「ニッサン MID 4 (II型)」が展示される予定。

これらのエポックメイキングな3台のヘリテージカーに加えて、中央には、日系の自動車メーカーとして初めて参戦が予定されている電気自動車フォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」で登場予定の「NISSAN Formula E」マシンが配置されます。

日産のモータースポーツにおける長い成功の歴史だけでなく、「クルマがエネルギーをどのように使い」、「どのように走り」、「そして社会とどのようにつながっていくのか」という3つの柱からなる同社の「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」のメッセージを伝えたいとしています。

また、日産ブースでは、主に日産自動車開発部門OBで構成される「日産アーカイブズ」のメンバーが車両説明員を務め、来場者が会話を楽しめるとのこと。貴重な機会になりますので、日産党の方は見逃せないイベントになりそうです。

(塚田勝弘)

あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2018年7月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。