今度のカムリは、モリゾー社長の思惑どおりだったのか【新型カムリのすべて/メカニズム解説を読んで】

今度のカムリは、モリゾー社長の思惑どおりだったのか【新型カムリのすべて/メカニズム解説を読んで】


日本で新型カムリが発表される前に、トヨタのモリゾー社長が「今度の日本仕様のカムリは、ハイブリッド専用です。走りも燃費もビックリするほど良いですから、どうぞご期待ください!」とコメントしていました。

従来のように、カムリが北米でファミリーカーの位置にある以上、日本で高級大型セダンを装っても売れないのは自明の理。仮にハイブリッドにしても、エコカー慣れした日本人が飛びつくとも思えません。モリゾー社長の自信がどこから来るのか、正直興味津々でした。
その答えは、北米カムリとは別に、高級カムリを造り分ける事だったのでした。ディーラーさんで、外車やクラウン、マークXからの乗り換えが多いと聞き、なるほどモリゾー社長の思惑通り、日本人の高級志向をキャッチアップしていると感じました。

カムリのメカニズムで興味深いのは、新旧の技術がメリハリをつけて採用されている事です。
まず踏襲した技術としては、プラットフォームが3代目に入るとの事。2トンまで対応できる懐の深いものだそうで、新型カムリでは「超ハイテン鋼」の採用等により軽量化と剛性アップを両立しています。
サスペンションも4輪ストラットを踏襲。こちらも軽量化や剛性アップ、ブッシュチューニング等、きめ細かく手が入っています。

またトヨタが誇るハイブリッドシステム「THSⅡ」は、コンバーターやコントロールユニットの一体化による省スペース化やEV走行時領域の拡大等のきめ細かい改良を重ねています。

一方新技術では、機械損失の低減を徹底した2500ccの新エンジンを採用しました。これには排気ガスを還流するEGRシステムに、水冷クーラーを装備しています。ガス温度を700度から120度まで冷やせるそうで、ポンピングロスの低減に大きく貢献しているとの事。これらにより、燃費26.5km/l(10.15モード)を達成してきました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2011年10月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら