ラリーカーの進化が一目でわかります【モータースポーツジャパン2011@お台場】

ラリーカーの進化が一目でわかります【モータースポーツジャパン2011@お台場】

モータースポーツジャパンではレーシングカーと同様、ラリーカーも展示されていました。

我が国おける新車で買える最新のラリーカーといえば、インプレッサ、ランサーエヴォ、そしてこのプロトンのサトリア・ネオです。アジアパシフィック選手権でクラス優勝、全日本でも阿寒湖ラリーでクラス優勝と、かなり強い。

ラリーの一番過激だった時代を象徴するのがグループB。このランチャ デルタS4は1985年のRACラリーでデビュー、1位2位を独占しますが、翌年のツール・ド・コルスでヘンリー・トイボネンの死亡事故によりグループB消滅のきっかけを作ってしまった悲劇のモデル。1986年のタイトルは獲れませんでしたが15戦6勝という勝率はすごい。

この後、ランチャ デルタ インテグラーレのグループA時代に移り変わるのですが、最後のグループBマシンとしてデルタS4は輝いているといえるでしょう。

フルタイム4WDでインプレッサやランサーが輝くもっと前にも日本車がラリーで輝いていた時代がありました。1970年代は日本の、いや日産のラリー黄金期と言えるでしょう。

1971年にモンテカルロラリーで総合5位、クラス2位になったのがこのフェアレディ240Z。その年のサファリラリーでは1位、2位を独占するという強さを見せます。

モンテカルロ仕様のこのクルマ、補助ライトの取り付け方にグッときます。

ラリーカーの移り変わりが、実車を見ながら年代を追ってわかるイベントというのはモータースポーツジャパン以外に無いのではないでしょうか。今年来場できなかった方は来年はぜひ来場してみてください。

(北森涼介)

 

画像付き元記事はこちら:ラリーカーの進化が一目でわかります【モータースポーツジャパン2011@お台場】(http://clicccar.com/2011/10/31/76443)

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2011年10月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。