ロードスター・CR-X・レビン&トレノ・MR-2、80年代のテンロク軍団は若者向けのライトウエイトスポーツでした!【80年代国産車のすべて/ライトウエイトスポーツ編】

ロードスター・CR-X・レビン&トレノ・MR-2、80年代のテンロク軍団は若者向けのライトウエイトスポーツでした!【80年代国産車のすべて/ライトウエイトスポーツ編】

1600ccエンジンを「テンロク」と呼ぶようになったのはいつ頃からでしょう。ライトウエイトスポーツらしくて、何ともいい響きですね。80年代のテンロクは、オープンあり、FF、FR、MR(ミッドシップ)ありで、まさに若者のワンダーランドでした。

まず素晴らしいのが、オープンカーの販売台数でギネス認定されているマツダロードスターです。何しろ初代を発売する時、マツダ自身こんなに売れると思っていなかったとか・・・。
高度な最新技術は何もありませんが、代わりにエンジンのフロントミッドシップや前後重量比など、FRコンパクトオープンの理想的なパッケージングを徹底的に追求。またトラックの灰皿を流用する等してコストを抑える一方、サスにはダブルウイッシュボーンを採用するなど、走り最優先のコスト配分で開発を進めたそうです。
低価格で「人馬一体」の爽快感を実現したロードスターは、世界のオープンカーのお手本になった程でした。


自動車雑誌のサーキット試乗でいつも比較されていたのが、ホンダCR-Xとハチロクことトヨタレビン&トレノ兄弟、そしてトヨタMR-2でした。

ホンダCR-Xは、ワンダーシビックの兄弟車でした。2・3・4・5ドアがラインナップされた中で、最も短い2ドアとして登場。リアシートが狭く1マイルなら座れるワンマイルシートと自称していましたね。初期型のフロントフェンダーには、踏んづけても元に戻る樹脂製を採用する等して、軽量化を徹底。テンロクを搭載したSiは、ボンネットのパワーバルジが力こぶのようで、迫力がありました。ライトウエイトスポーツ同士のバトルでは、常にトップ争いをしていました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2011年11月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら