「インテリジェント高速道路ルート走行」で手放し運転ができる根拠と、手放し運転の作動時間は?【日産プロパイロット2.0】

「インテリジェント高速道路ルート走行」で手放し運転ができる根拠と、手放し運転の作動時間は?【日産プロパイロット2.0】
●条件を満たしていればずっとハンズオフを続けられるプロパイロット2.0

日産自動車は、同一車線内でハンズオフ(手放し運転)が可能な世界初を謳う運転支援システム「プロパイロット2.0」を発表し、今秋登場予定のスカイライン(V37型)に搭載すると発表しました。

プレス向けに開催された「プロパイロット2.0」の技術説明会で、その概要と詳細が明らかにされています。ここでは、ハンズオフ(手放し運転)ができる根拠をご紹介します。

まず、「プロパイロット2.0」は、アメリカの「SAE(Society of Automotive Engineers)」による分類において「レベル2」であることがポイント。法整備が追いつかない現状では、量産車で世界初となる「レベル3」を実現した新型アウディA8でも現時点では「レベル3」での走行はできません。

また「プロパイロット2.0」の目玉機能である高速道路上の同一車線でのハンズオフ(手放し運転)ができるようになるのは、同技術は国土交通省の認可を得ているというのもポイント。

では、手放し運転についてですが、道路交通法はどうでしょうか? ご存じの方も多いと思いますが、道路交通法の第四章「運転者及び使用者の義務」の第七十条に「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。」とあります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2019年5月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。