日産の世界初! 高速道路での「手放し運転」を可能にした「オールジャパン」の危機感

日産の世界初! 高速道路での「手放し運転」を可能にした「オールジャパン」の危機感
■あなたならどっちを選ぶ? 日産 VS. BMW

今週も自動車業界は活発に動いていますが、その中のひとつ。

日産自動車が2019年5月16日に「プロパイロット2.0」を発表しました。

「プロパイロット」といえば、矢沢永吉さんが2016年に「やっちゃえ NISSAN」というキャッチフレーズでお馴染みですが、矢沢永吉さんが放つこの言葉のパワーは絶大で、このキャッチコピーとともに「プロパイロット」自体も大きく知られる存在となりました。

日産の「プロパイロット」が最初に搭載されたのは「セレナ」。これは高速道路同一車線内を走行しているときに、ハンドル、アクセル、ブレーキを制御して安全な車間距離を取りながら運転を支援してくれるもの。これにより、運転の疲労度は軽減され、安全性も高くなります。

しかし、カメラが車線を認識しなくなると「プロパイロット」機能が解除されるため、頻繁に作動状態を確認するために画面を見る機会が増えて、むしろ危険ではないかと2016年に私が書いたコラムには「プロパイロットではなく、まだセミプロパイロットでは?」と書いています。しかしそれも徐々に進化し、また、搭載される車種も増えています。

そして今回、日産は新たに「プロパイロット2.0」を発表しました。

今回の大きな特徴は、世界初の3D高精度地図データを搭載した「インテリジェント高速道路ルート走行」が可能になったこと。これによって、世界初の高速道路のナビ連動ルート走行と同一車線内のハンズオフ(手放し運転)機能の組み合わせが実現しました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2019年5月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。