三菱自動車の次期CEOが語った海外事業を成功させる二つの秘訣とは?

三菱自動車の次期CEOが語った海外事業を成功させる二つの秘訣とは?
三菱自動車の加藤隆雄・次期CEOが会見に登場。「全身全霊をかける」●海外でうまくやるには「相手の文化を理解する」「議論を尽くす」が大切

5月20日、三菱自動車の加藤隆雄・次期CEOが東京都内で記者会見に出席しました。加藤氏は、6月21日開催予定の株主総会で承認されれば、正式に三菱自動車のCEOに就くことになります。


加藤氏は、1962年2月21日生まれ。1984年3月に京都大学 工学部 物理工学科を卒業後、同年4月に三菱自動車工業に入社。主に生産畑でキャリアを積んできて、2010年にはロシアに出向して合弁車両組立工場「PCMA Rus」の立ち上げに関わりました。そして2014年の名古屋製作所副所長を経て、2015年4月にはインドネシアに赴き、三菱商事と現地のPT Krama Yudha とともに設立した「ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)」の取締役社長に就任して、現在に至ります。一男一女のお子さんがいらっしゃって、趣味はゴルフだそうです。

今回行われた会見では、加藤氏がこれまで海外で培ってきた、事業をスムーズに行なうためのコミュニケーション術を二つ語ってくれました。

一つ目は、相手の文化・慣習をよく理解して尊重すること。
加藤氏が現在社長を務めているMMKIはインドネシアの会社なので、イスラム教の社員が多いそうです。ちょうど今は、イスラム教徒が1か月断食を行う「ラマダン」の時期で、彼らは日の出から日没まで飲食が禁じられます。そんなときに、いくら宗教が異なるとはいえ、日本人社員が気兼ねなく食ったり飲んだりしていたら現地の社員はどう思うでしょうか。相手の立場に立って考え方や生活をアジャストしていかなければ、異国で信頼関係は築けません。郷に入れば郷に従えという諺は、海外でも大切にしなければならないようです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2019年5月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ルノー」のニュース

次に読みたい関連記事「ルノー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。