新生ニュルブルクリンクのFF最速! ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRが7分40秒の新記録を達成

新生ニュルブルクリンクのFF最速! ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRが7分40秒の新記録を達成
■ルノー・メガーヌR.S.の軽量バージョンがホンダ・シビックTYPE Rの7分43秒80を超える新記録を樹立した?

ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースといえば全長20.832kmというロングコースであり、そこでのタイムはスポーツカーの基準と考えられています。けっして新しいコースではありませんが、だからこそリアルワールドでの速さにつながるベンチマークとなっているのです。

そのニュルブルクリンク北コースにおけるFF最速のタイムは、ホンダ・シビックTYPE Rの7分43秒80とされています。しかし、2017年にシビックTYPE RがFFのレコードタイムを出した後、ニュルブルクリンクは改修を受けることになります。

そして、2019年4月。ついにFFの最速ラップタイムが更新されました。新たに王者となったのはルノー・メガーヌR.S.トロフィーR。300馬力のエンジンを積むルノー・メガーヌR.S.をベースに、130kgもの軽量化をしたスペシャルモデルです。さらに、アクラポヴィッチ、ブレンボ、ブリヂストン、オーリンズ、サベルトといった各界のビッグネームとパートナーシップを結ぶことでグレードアップしているということです。タイムアタック用のスペシャルチューンではありません。2019年内に全世界数百台の限定モデルとしてリリース予定となっています。つまり、市販車(量産車)としてのFF最速を塗り替えたということになります。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2019年5月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。