新型Mazda3の「SKYACTIVE-X」に搭載される「SKYACTIVE-eSYNC / M HYBRID」とは?

新型Mazda3の「SKYACTIVE-X」に搭載される「SKYACTIVE-eSYNC / M HYBRID」とは?
●「SKYACTIVE-eSYNC」は電動化技術の総称で、「M HYBRID」を搭載

Mazda3の主要諸元表を見ていると、まだ認可が下りていないこともあり、「SKYACTIVE-X」のパワートレーン系のスペックは未定になっています。一方の主要装備表には「X(SKYACTIVE-X)」に搭載される装備や技術が掲載されています。

主要装備表の「シャーシ&メカニズム」の欄を確認すると「SKYACTIVE-eSYNC(スカイアクティブ イーシンク)/M HYBRID」とあります。2.0Lの新世代ガソリンエンジンである「SKYACTIVE-X」には、火花点火制御圧縮着火の「SPCCI」のほかに、東芝製のリチウムイオン二次電池である「SCiB」を採用した「M Hybrid」が搭載されます。

「SKYACTIVE-eSYNC」は、現時点でのカタログやプレスリリース、プレス向け資料などにも記載がなく、マツダ広報部に確認したところ、「燃費改善、加速性能向上に寄与する、ドライブトレイン、モーターなどを協調制御するマツダの電動化技術の総称」とのこと。

つまり、「SKYACTIVE-eSYNC」の1つの技術としてMazda3の「SKYACTIVE-X」搭載車には「M HYBRID」が採用されていることになります。今後も「SKYACTIVE-eSYNC」のもと「M HYBRID」以外の電動化技術が採用される可能性があると思われます。

(塚田勝弘)

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2019年5月30日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら