【自動車用語辞典:低燃費技術「ダウンサイジングターボ」】小排気量エンジンにターボを組み合わせて燃費をかせぐ

【自動車用語辞典:低燃費技術「ダウンサイジングターボ」】小排気量エンジンにターボを組み合わせて燃費をかせぐ
■直噴エンジンとターボの相性のよさを利用●最新の燃費試験では不利な側面も

2000年以降、欧州では燃費向上のためダウンサイジングしたエンジンに直噴ターボを組み合わせた「ダウンサイジング直噴ターボ」が普及し始め、日本でも採用例が増えてきました。

最近のRDE(実走行排出ガス)規制など実走行での燃費や排出ガスを重視する動きの中で、課題も浮上してきたダウンサイジング直噴ターボのメリットと課題について、解説していきます。

●ダウンサイジングの狙いとメリット

ダウンサイジングは、排気量を小さくして燃費向上を図り、出力低下をターボで挽回するコンセプトです。欧州で採用が始まり、最近では日本でも採用例が増えています。

排気量を小さくする、あるいは気筒数を減らすと、ポンプ損失とフリクションが低減するため燃費が向上します。
ポンプ損失の低減は、同じ出力を得るためのスロットル開度が大きくなるため、また摩擦損失の低減はエンジンの構成部品が小型化するためです。

●直噴ターボの狙いとメリット

ターボで過給すると、吸入空気が圧縮されシリンダー内の圧縮温度も上がるため、無過給エンジンに比べてノッキングが発生しやすくなります。したがって、過給エンジンは無過給エンジンよりも圧縮比を低めに設定しなければいけません。

直噴(筒内直接噴射)は、吸気ポートに燃料を噴射する通常のガソリンエンジンに対して、以下のメリットがあります。

・シリンダー内に噴射された燃料は、周辺から熱を奪って気化します。この気化潜熱によってシリンダー内の温度が低下し、密度が上昇し吸入空気が増え出力が向上します。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2019年6月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。