ホンダアクセスが「あおり運転」「ナンバープレート盗難」抑止の啓蒙活動を実施

ホンダアクセスが「あおり運転」「ナンバープレート盗難」抑止の啓蒙活動を実施

あおり運転やペダル踏み間違い事故などが社会問題化し、ドライブレコーダーがカー用品市場で売れ筋アイテムになるなど、クルマやドライバーの安全への関心が高まっています。

2019年6月5日、ホンダアクセスは、埼玉県警察本部と協力し、埼玉県内において「あおり運転」および「自動車ナンバープレート盗難」抑止の啓発活動を実施すると発表しました。

コンプリートカーやホンダ純正アクセサリーの開発を担っているホンダアクセスは、ドライブレコーダーや車両パーツの盗難を抑止するロックボルトをホンダ車向けに開発していて、全国のディーラーを通じてセキュリティー対策の提案を実施。

先述したように、社会問題になっている「あおり運転」への対策として注目されているドライブレコーダーの装着率は、ホンダアクセス2018年1月~12月出荷実績によると、新車装着率37%(前年同期比166%)と拡大していて、ドライブレコーダーの重要性が認知されつつあります。また、自動車の「ナンバープレート盗難」被害は、平成29年発生件数において全国で約12,300件発生(警察庁の自動車盗難等の発生状況について。平成30年6月時点)しているそうです。

盗難プレートがほかの犯罪へ悪用されることも社会問題になっているため、今回、埼玉県警と協力して啓発活動を実施することになったそう。同社では、「あおり運転」と「ナンバープレート盗難」に対する注意喚起をイベントやポスター配布にて実施し、防犯意識向上に協力していくとしています。

(塚田勝弘)

あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2019年6月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。