ジャガー・ランドローバーとBMWグループが次世代電動化技術開発で協力する理由とは?

ジャガー・ランドローバーとBMWグループが次世代電動化技術開発で協力する理由とは?

「CASE」への対応、「100年に1度の大変革時代」を迎えているとされる自動車業界。FCAとルノーの統合交渉(FCAが統合提案を取り下げた)など、自動車メーカーのみならず、IT業界も交えて様々な提携が進んでいます。

そんな中、ジャガー・ランドローバーは、BMWグループと次世代の電気駆動システム(EDU:Electric Drive Unit)を共同開発することを発表しました。

一部報道では、インドのタタ・グループがジャガー・ランドローバーを売却するという憶測も流れていますが、それとは別にEV分野での他社との提携は不可欠であるはず。

ジャガー・ランドローバーとBMWは「ACES」時代を見据え、先進電動技術分野で協力していくとしています。

なお、「ACES」は、(自動化「Autonomous」、コネクティッド「Connected」、電動化「Electric」、シェアリング「Shared」)の略で、要素は「CASE」と同じ。「CASE」は、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(カーシェアリングとサービス)、Electric(電動化)の頭文字を取った用語で、ダイムラーが初めて提唱したキーワードです。

電動化では、ジャガー・ランドローバーは、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019」に選出されたジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)である「I-PACE」やプラグインハイブリッド車両(PHEV)を市場投入済み。それより先行していたBMWグループも2013年から「i3」を発売していて、EDU(Electric Drive Unit)の開発、製造に関する幅広いノウハウを有しています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2019年6月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。