新型ダイハツ・タントが2019年7月に登場。日産三菱陣営も新型モデルの登場間近?

新型ダイハツ・タントが2019年7月に登場。日産三菱陣営も新型モデルの登場間近?
●クルマ作りの大変革を迎える「DNGA」第1弾・新型タント

2019年7月に発売される新型ダイハツ・タントは、ホンダN-BOX、スズキ・スペーシアと競合する軽スーパーハイトワゴン。日産デイズルークス/三菱eKスペースもあり、こちらも三菱自動車の決算発表で2019年後半にも導入するとアナウンスされています。

2019年4月の軽自動車販売ランキングは、全国軽自動車協会連合会によると、1位がN-BOX、2位がスペーシア、3位がタント。2月も3月も同じ順位で、ファミリーユースに適した軽スーパーハイトワゴンへのニーズの高さがうかがえます。N-BOXは2017年度、2018年度で登録車を含む販売台数でナンバー1になり、いまや国民車といえる地位を獲得。

6月6日にダイハツが発表した「DNGA」では、3つのコンセプトが掲げられています。まず、軽自動車を基点に小型車まで、設計思想を共通化した「一括企画開発」を採用。「車両の進化」「パワートレーンの進化」「先進安全の進化」の3つの進化を実現。そして、将来の電動化やコネクトサービスの実現など「CASE対応を見据えた設計構想」を織り込むという内容です。

「DNGA」第1弾となる新型タントは、シャーシやアンダーボディの刷新、ボディ構造の見直しなど、走りや快適性を左右する大がかりなもので、まさにトヨタの「TNGA」のようなクルマ作りの大変革を迎えるよう。

エンジンも燃焼を見直すなどの新開発となり、「ベルト+ギヤ駆動」が可能となる世界初の「パワースプリット技術」が採用される「D-CVT」もスムーズな走りに貢献。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2019年6月9日の経済記事
「新型ダイハツ・タントが2019年7月に登場。日産三菱陣営も新型モデルの登場間近?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    トヨタ・ダイハツは相変わらずカッコ悪いね。

    1
  • 匿名さん 通報

    パクリの大阪発動機の車もどきには夢がない。社員も阿保で馬鹿な上にバイト整備士が多く、またセールスマンは車の知識が低すぎる。新車の扱い方も雑、しかも業務全般いい加減で嘘吐き、言ってることすら守れない。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。