噂の「乗り物酔いしないメガネ」」~シトロエン「SEETROEN(シートロエン)を試してみた!

噂の「乗り物酔いしないメガネ」」~シトロエン「SEETROEN(シートロエン)を試してみた!
■本当に乗り物酔いしないのか?

実は私は、今でこそクルマに関わる仕事をしていますが、小学生~高校生までは乗り物酔いの激しいコでした。

そのため、遠足や修学旅行では、いつも一番前の席が私の指定席。もちろん念のために『マイきたろう袋』持参。旅先で撮った集合写真はいつもなんとなくゲッソリ。あまりいい思い出はありません。それもこれも乗り物酔いのせい…。

それがモデル時代のボーイフレンドとのドライブ三昧のお陰で三半規管が鍛えられたのか、いつの間にか乗り物酔いを克服していました。お陰で今の仕事ができています。

とはいえ、船とか体調が万全ではない時の峠道、サーキットなどでは今でも乗り物酔いをすることがあります。

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加減速などが三半規管などに刺激を与え、視覚で見る感覚と平衡感覚とのズレによって引き起こされるそうです。

「シートロエン」は、丸い素通しの円が4つ。円の中にはブルーの液体が入っています。乗り物酔いをすると「なるべく遠くの景色を見るようにするといい」と言いますが、このブルーの液体は視覚の端っこにブルーの液体が地平線のように見えることで、視覚や三半規管を補正することができ、乗り物酔いが解消されるとか。

この「シートロエン」は、シトロエン100周年を記念して「自動車に限らず移動を快適に」ということから誕生。ちなみに元は「ボーディング・リングス」という会社がオリジナル商品を作り、シトロエンからも販売を始めたそうです。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2019年6月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。