【新車】最長44km・135km/hまでEV走行可能な「カイエンEハイブリッド」の予約受注がスタート

【新車】最長44km・135km/hまでEV走行可能な「カイエンEハイブリッド」の予約受注がスタート
●PHEVの「カイエンEハイブリッド」12,160,000円。安全装備やアクティブ制御4WDを搭載

3代目にスイッチしたポルシェ・カイエン。2019年6月7日、新たに追加されたプラグインハイブリッドモデルの「カイエンEハイブリッド」の予約受注を開始したと発表しました。発売日は決定次第、再度発表されます。

3.0L V6エンジン(250kW/340PS)と電動システム(100W/136PS)により340kW/462PSのシステム最高出力を発生する「カイエンEハイブリッド」は、アイドリングをわずかに超える回転数で700Nmの最大トルクを発揮。

0-100km加速は5.0秒、最高速度は253km/hに達します。ゼロエミッションのモーターのみによる航続距離は最長44kmで、135km/hまで加速可能。採用されるタイヤに応じて、平均燃料消費量(NEDC)は3.4~3.2L/100km、平均電力消費量は20.9~20.6kWh/100kmになります。

日本仕様の安全装備はレーンチェンジアシストとアダプティブクルーズコントロール、パークアシスト、サラウンドビューカメラが標準装備で、新しいヘッドアップディスプレイ、マッサージシート、リモートコントロール付独立ヒーター、22インチ軽合金製ホイールなどがオプションになります。

駆動方式は、電子制御マルチプレートクラッチによるアクティブ制御4WD。「ポルシェ トラクション マネジメントシステム(PTM)」は広範なトルク配分により、ドライビングダイナミクス、俊敏性、トラクションコントロール、フロード性能に大きなメリットをもたらすとしています。

ほかにも「ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)」が標準装備され、またハイブリッドでは初となる「ポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)」がオプションとして選択できます。トランスミッションは、8速Tip-Sと呼ばれる8AT。「カイエンEハイブリッド」の価格は12,160,000円です。

(塚田勝弘)

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2019年6月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。