床下に走行機能を集約した超広々Kカーの未来像【東京モーターショー】

床下に走行機能を集約した超広々Kカーの未来像【東京モーターショー】

まるで豆腐のタイヤをつけたかのような白くて四角いクルマ。一部にはクルマの白物家電化を象徴するなんて声もありますが、たしかにこのコンセプトカーは最新の電動マシン。

 

今回の東京モーターショーのみならず、おそらく世界で一台の「水加ヒドラジンを使った燃料電池車」なのであります。

 

そう、このコンセプトカーこそ、ダイハツ「FC商CASE」です。

 

一般に燃料電池車というと水素を燃料に使うというものが多いわけですが、この水加ヒドラジン(N2H4・H2O)は常温で液体として扱えるのがメリット。そのため既存のガソリンスタンドのような設備で充填できるといいます。化学式を見ればわかるように窒素と水素からなっているものですから製造もしやすく、当然ながら走行中の二酸化炭素の排出はゼロ。

 

水加ヒドラジンを燃料とした35kW級の燃料電池やモーターなどを床下に配置、操作系も格納できるということで、本当にフラットでスクエアなキャビン空間を実現したミライの軽商用車。側面が上下に開くボディ構造などは燃料電池車でなくともイベント用などの特装車として期待したくなる雰囲気もある一台です。

 

主要諸元

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1900mm
ホイールベース:2450mm
タイヤサイズ:165/55-15
定員:4名

 

イメージムービーはこちらでどうぞ。

動画を見る

 

 

(山本晋也)

 

画像付き元記事はこちら:床下に走行機能を集約した超広々Kカーの未来像【東京モーターショー】(http://clicccar.com/2011/12/03/88538)

あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2011年12月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。