トヨタ86(ハチロク)はフロントミッドシップを宣言、ではスバルBRZは?【東京モーターショー】

トヨタ86(ハチロク)はフロントミッドシップを宣言、ではスバルBRZは?【東京モーターショー】

スバルの水平対向エンジンを積んだトヨタ車「ハチロク」。言うまでもなく、今回の東京モーターショーにおける市販目前プロトタイプとしては最大級の注目を集めています。

 

そのハチロク、東京モーターショーへの出展リリースに次の一文がありました。

低重心の特長を徹底的に追求したパワーユニットをフロントミッドシップに配置することにより、超低重心、低慣性化を追求し、スーパースポーツカーに匹敵する低重心を実現

水平対向エンジンの搭載位置が、レガシィなどのAWDモデルとは異なり、かなり後方になっているということ。当然、同じメカニズムを持つ兄弟車「スバルBRZ」にも同様のアピールがあるかと富士重工業のリリースを読んでみても『フロントミッドシップ』という言葉は見つかりません。

水平対向エンジンそのものが持つ「低重心」「軽量」「コンパクト」という特長を最大限に活かし、さらに低く、より車体中心に近づけてエンジンを搭載し、世界トップクラスの低重心を実現しました。誰もが安心して、気軽にクルマを操る愉しさを体感できるスポーツカーです。

といった具合に『車体中央に近づけてエンジンを搭載』とスバルは表現しています。

 

では、エンジン搭載位置はいったいどのあたりなのか。どうにも気になり、東京モーターショーにて世界初公開されたBRZの、フロントフードを開けてみます。

たしかに低い。歩行者保護のためにフロントフードとエンジンの隙間が大きいのでフェンダーからの距離はかなりありますし、サスペンションの上部と比べてもインテークマニホールドのほうが余裕で低い位置にあり。この下にエンジン本体があるわけですから、かなりの低重心化に寄与していることは間違いなし。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2011年12月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。