7色のボディカラーを持つ新型インプレッサは、広くて上質なミドルクラスに仕上がりました!【新型スバルインプレッサのすべて/使い勝手編】

7色のボディカラーを持つ新型インプレッサは、広くて上質なミドルクラスに仕上がりました!【新型スバルインプレッサのすべて/使い勝手編】
       

新型インプレッサには、7色のボディカラーが設定されています。そのボディカラーが織り込まれた(様な)ニットの上着が、アシスタントの沢口けいこちゃんにとても似合っています。
つぶらな瞳のけいこちゃんのためなら、4代目インプレッサはどこまでも走り続けますぜ~!
(^_^)/□☆□なんのこっちゃい~


さて4代目のインプレッサの運転席に乗り込むと、内装の品質が大幅に向上していることがわかります。特にインパネは、ソフトタイプを採用して高級感をアピール!またフロントガラスが200mmも前方に出たため、解放感のある広々とした室内に変貌しました。
また廉価版を除いて、上品なデザインの自発光メーターが装備され、インパネ中央上部には大型カラーモニターがアイドリングストップや燃費状態を的確に示してくれます。エアコン切れや走りの邪魔にならないように、アイドリングのOFFスイッチがあるのもスバルらしいと感じます。
またレガシィで話題のアイサイトが、インプレッサの上位グレードで選べる様になったのもニュースですね。

操作系ではCVTシフトゲートが、ジグザグではなくシンプルな直線型になりました。2000cc仕様では、Dレンジで右へ倒すと6速マニュアルモードに早代わり!ただシフトレバーでの変速は廃止になり、パドルシフトのみでの操作になりました。左手を使ったシフト操作が好きな自分としては、ちょっと残念。また排気量が少ない1600ccのCVTにこそ、自由度の高いマニュアルモードを設定してほしいと思います。
リアシートは、先代のレガシィB4並みかしら?広すぎず狭すぎず、家族で使うには必要十分な快適空間だと思います。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。