スバルインプレッサは、4代目にしてデザイン・アイデンティティを確立しました!【新型スバルインプレッサのすべて/デザイン編】

スバルインプレッサは、4代目にしてデザイン・アイデンティティを確立しました!【新型スバルインプレッサのすべて/デザイン編】
       

「新型インプレッサのすべて」が発売される少し前に、「歴代インプレッサのすべて」が発売されました。デザインの変遷を見ると、特に2代目では「丸目→涙目→鷹目」と3つの顔を展開。自分探しの旅というか、アイデンティティを確立するべく悪戦苦闘していたことが伺えます。
先日開催の東京モーターショーで見た新型インプレッサは、スタイルには塊感があって質感も高く、レガシィ流のフロントマスクもビッ!と決まっていました。ただ正直第一印象では、「これがインプレッサ?」という何ともいえない違和感を覚えたのです。
すべて本を読んでその理由が、Aピラーを20cmも前進させた「シルエットの大変更」にあることに気づきました。


スバル車の場合、水平対抗エンジンが平らで広く、フロントサスペンションの前方に低く搭載されるため、ボンネットも低くて広くなっていました。つまり、水平対抗エンジンのパッケージングの骨格が、そのままシルエットになったいたのですね。
一方新型インプレッサでは、室内拡大のためにAピラーを大幅に前進させ、対人衝突対策でボンネットをかさ上げしました。その結果、最近流行のデザイン手法である「ボンネットが高いキャビンフォワード」のシルエットになりました。
モーターショーで最初に感じた違和感は、水平対抗エンジン・シルエットが薄まったからだったのですね。でも機能をしっかりと踏まえた造形ですから、シルエットの変化は時代の要請なのかもしれません。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。