野口、ガンブレットが優勝争いをリード。日本勢3名が決勝進出/世界選手権2019八王子【ボルダリング女子準決勝】

野口、ガンブレットが優勝争いをリード。日本勢3名が決勝進出/世界選手権2019八王子【ボルダリング女子準決勝】

野口、ガンブレットが優勝争いをリード。日本勢3名が決勝進出/世界選手権2019八王子【ボルダリング女子準決勝】

 13日午前、IFSCクライミング世界選手権2019八王子(エスフォルタアリーナ八王子)はボルダリング女子準決勝を行い、ワールドカップ年間優勝者のヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、同2位の野口啓代が違いをみせて順当に決勝進出を決めた。

 大会3日目はシビアな幕開けとなった。女子準決勝は出場選手の半分となる10名が登り終えた時点で完登数は1つのみ。難関課題に多くの選手が苦しめられた。6番手で登場した野中生萌も0完登3ゾーンで終了し、暫定2位であとの選手の結果を待つこととなった。

 大きく流れは変わらないまま、19番手の野口、最終20番手のガンブレットが登場する。野口の第1課題失敗後、ガンブレットもゴール取りに苦心。この課題は完登者ゼロかに思われた。しかし、4トライ目にゴール手前のホールドを左手ではなく右手での保持に変更。これが功を奏し、見事な修正力でTOPをつかみ取る。完登後に大きく息を吐く姿が、いかに難関だったかを物語っていた。

野口、ガンブレットが優勝争いをリード。日本勢3名が決勝進出/世界選手権2019八王子【ボルダリング女子準決勝】
さすがの実力を見せつけたヤンヤ・ガンブレット。



 するとここまでゼロ完登の野口も負けじと応酬する。第3課題は1トライ目の失敗の後、長く時間を置いて2トライ目に完登。野中のみがゾーンを獲得していたパワフルな第4課題は一撃し、観客からは驚きと称賛が沸き起こった。

あわせて読みたい

CLIMBERSの記事をもっと見る 2019年8月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。