ヤンヤ・ガンブレットが大会2連覇。野口啓代は銀/世界選手権2019八王子【ボルダリング女子決勝】

ヤンヤ・ガンブレットが大会2連覇。野口啓代は銀/世界選手権2019八王子【ボルダリング女子決勝】

ヤンヤ・ガンブレットが大会2連覇。野口啓代は銀/世界選手権2019八王子【ボルダリング女子決勝】

 13日午後、IFSCクライミング世界選手権2019八王子はエスフォルタアリーナ八王子でボルダリング女子決勝を行い、今シーズンのワールドカップ年間優勝者ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が大会2連覇を達成。野口啓代は2大会連続の銀メダルを獲得した。

 女子決勝は1番手、ショウナ・コクシー(イギリス)の完登で幕を開け、2アテンプトのガンブレットが1位、3アテンプトの野口が3トライで2位スタートとなった。

 勝負を分けたのは、スタートからの飛び出し後、四方に配置されたホールドを連続した手の動きで捉えるコーディネーション系の第2課題。5番手の野口までスタートからの飛び付きを決めきる選手が現れず、ガンブレットに2位以下を引き離すチャンスが巡ってくる。ガンブレットはトライを重ねるごとに微修正を繰り返すと、5トライ目に会心の一手。飛びつき後にさらなるジャンプでホールドを一つ飛ばし、軽やかにTOPへとたどり着いた。

 第3課題はバランシーな緩傾斜課題。スタート直後のムーブで壁から剥がされるかどうかで明暗が分かれ、野中生萌とカズベコワ(ウクライナ)が完登する。登り切れば優勝のガンブレットだったが、まさかのゾーンなし。野口は攻略の糸口が掴めず、ガンブレットに追いつく機会を逃してしまう。

 最終第4課題は強傾斜との真っ向勝負となった。優勝には完登しかないコクシーはパワーと足技を駆使して一撃に成功。ガンブレットを抜いて暫定1位に立つ。こちらも後がない野口は最後の力を振り絞り、ここぞという場面で一撃。コクシーを抜き、暫定5位から一気に1位へと駆け上がった。

あわせて読みたい

CLIMBERSの記事をもっと見る 2019年8月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。