オンドラ「自分自身を騙して挑んだ」。リード男子決勝後の選手コメント/IFSCクライミング世界選手権2019八王子

オンドラ「自分自身を騙して挑んだ」。リード男子決勝後の選手コメント/IFSCクライミング世界選手権2019八王子

オンドラ「自分自身を騙して挑んだ」。リード男子決勝後の選手コメント/IFSCクライミング世界選手権2019八王子

 15日に行われたIFSCクライミング世界選手権2019のリード男子決勝は、チェコのアダム・オンドラがこの種目3度目の世界王者に輝き、アレクサンダー・メゴス(ドイツ)が2位、ヤコブ・シューベルト(オーストリア)が3位と、リードのスペシャリスト3人が2大会連続での表彰台に上がった。また日本の楢崎智亜は4位、原田海は7位に入り、いずれも世界選手権リードでの自己最高位を更新した。以下、決勝を戦った選手たちのコメント一覧。

決勝リザルト記事:アダム・オンドラが3度目V。楢崎4位、原田7位

オンドラ「自分自身を騙して挑んだ」。リード男子決勝後の選手コメント/IFSCクライミング世界選手権2019八王子

優勝:アダム・オンドラ(チェコ)
「決勝はすごく良い戦いだった。自分にとってもアレックス、ヤコブにとってもタフな内容だったと思う。今夜はアレックスが最も強かったと思うけど、彼がミスを犯してくれてラッキーだったしその結果優勝できた。ボルダリング決勝後はかなりプレッシャーがあったが優勝できて嬉しい。正直、勝てると思っていなかった。リードに向けて準備をしないといけないのはわかっていたが、予選は(ボルダリングの)悪い流れのままで自信は全くなかった。疲れていたし、指の痛みもあった。だけど疲れていないと自分自身を騙して挑んだんだ。今日の優勝がコンバインドに向けてメンタル的にも良い影響が出ると思う。また明日(16日)がレストデイということも指皮にとっては助かる。コンバインドではスピードでもベストを尽くすが、リード、ボルダリングにフォーカスしていこうと思っている」

あわせて読みたい

CLIMBERSの記事をもっと見る 2019年8月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら