大人になってからの友達のつくり方

大人になってからの友達のつくり方
よい人生を送るためには、よい人間関係が欠かせません。友達がいてよかったなと思うことが、歳を重ねるほどに増えてきました。

私は内向的で、コミュニケーションが苦手で、話し方教室のテストで20点(平均60点)を取ったほどですが、友達に恵まれています。よい友達がいるのはなんでだろうと振り返り、これがよかったのではと思ったことを報告します。
○よいコミュニティ=よい友達

社会人になると、平日のほとんどを会社で過ごすようになるので、会社の人間関係でいっぱいになり、社外に新たな友達をつくらなくなりがちです。親しい友達は学校の同級生ぐらいというケースが多いです。

しかし、会社の人間関係は利害関係があって気を遣いますし、学校の友達だけでは心もとないです。利害なく、自分が自然でいられて楽しめるコミュニティがあると安心です。そこでよい友達ができます。よい友達づくりは、よいコミュニティがあってこそです。

コミュニティは、自分でつくるのがよいと思います。むずかしいと思われるかもしれませんが、自分でつくる方がよいことが多く、手っ取り早いです。

私の例で恐縮ですが、「へもいっ子クラブ」というコミュニティをやっています。いまは20人ほどで、たまに集まって食事をしたり、思いつきでイベントをしたりしています。私にとって、ホームのような存在です。

○自分コミュニティのメリット

自分でコミュニティをつくると、よいことがたくさんあります。
○・そこにいても違和感がない

あわせて読みたい

記事提供社から

「大人になってからの友達のつくり方」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    友達は無理につくるものではない。孤独を楽しめる人のほうが、自分を楽しんで生きているし、結果的に人にも恵まれる。

    6
  • 匿名さん 通報

    要らなくなった友達の捨て方やリサイクルも教えてください

    4
  • 匿名さん 通報

    大人になったら、大人の付き合い方をすればよい。友達いません!何も恥ずかしい事ではない。

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。