メディアマーカーの移行先はこれ! 本を一括登録できる読書管理ツール4選

メディアマーカーの移行先はこれ! 本を一括登録できる読書管理ツール4選
読書管理サービスとして名の知れた存在だった「メディアマーカー」が、2019年1月をもってサービスを終了すると発表した。これまで何百冊、何千冊という本を同サービスで管理していたユーザーは、早急に移行先を探さなくてはいけない事態に直面している。

一般的に読書管理サービスと言えば、本の読了日や感想を記録する役目に加えて、これから購入する本を登録して購入予定を立てる用途にも使えるほか、コミックなどで同じ巻を重複して買ってしまわないためのチェックツールとしても有用だ。スマホを使ってバーコードを読み取り、書影を含む書誌情報を自動入力する機能も、もはやデフォルトといってよい。

今回は「メディアマーカー」の移行先となりうる、読書管理ツールを集めてみた。メディアマーカーは本以外にCDやDVDの管理にも対応するが、今回は本の管理に使えること、またCSVインポート機能を搭載していることを選定の条件とし、読書管理によく利用されているがCSVインポートができない「Evernote」や、アプリ版のみの「読書管理ビブリア」は除外している。
○読書メーター

「読書メーター」は、メディアマーカーおよび後述のブクログとともに、「3強」といっていいサービスのひとつで、歴史も長い。サービス名からも分かるように、読書量をグラフで表示できることが大きな特徴となっているほか、読んだ本をもとに傾向の似たユーザとつながるコミュニティ系の機能も強力。バーコード読み取りに対応したスマホアプリも用意される。インポート機能は用意されているものの、現時点でエクスポート機能がなく、他ツールへの移行が難しいのがネック。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。