Qualcomm、新世代CPUやトリプルカメラをサポートする「Snapdragon 675」

Qualcomm、新世代CPUやトリプルカメラをサポートする「Snapdragon 675」
Qualcommは10月22日(香港時間)、ミドルレンジのスマートフォン向けプラットフォーム「Snapdragon 600」シリーズ新モデル「Snapdragon 675」を発表した。2019年のQ1期には搭載製品が発売される見込みだ。

Snapdragon 675は「Snapdragon 600」シリーズの新プラットフォームで、ゲームやカメラ、AI性能の向上などを図った。CPUは新世代のKryo 400シリーズをサポートし、前世代のKryo 300シリーズと比べ全体的なパフォーマンスが20%向上。これに関連して、データのアップロードやWebブラウジングの高速化、そしてバッテリ寿命の最適化が図られている。

ゲーム性能に関しては、Unity、Unreal、Messiah、NeoXなど、複数のゲームエンジンを最適化したほか、VulkanやOpenGL 3.2, OpenCLなどのAPIをサポートしている。AI性能に関しては、マルチコアAIエンジンを備えることで、オブジェクトやシーン認識、顔認識機能など、AIアプリで性能が改善するという。

また、カメラに関しては、望遠、広角、超広角といった複数カメラの搭載を想定し、前面、背面それぞれでトリプルカメラ(合計6カメラ)をサポートする設計となった。

統合するモデムは、Snapdragon 670と同じSnapdragon X12 LTEで、下り最大600Mbps、上り最大150Mbpsの通信速度に対応する。また、Qualcommの高速充電テクノロジー「Quick Charge 4+」もサポートする。

既存製品との比較は以下の通り。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2018年10月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スピーカー」のニュース

次に読みたい関連記事「スピーカー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。