ボール型ロボット「Sphero」、プログラミング学習で人気のワケ

ボール型ロボット「Sphero」、プログラミング学習で人気のワケ
米スフィロ(Sphero)は、プログラミング対応のボール型ロボットの新製品「Sphero BOLT」の日本発売に合わせ、プレス向けの説明&体験会を開催した。同社のロボットは、日本をはじめ全世界でプログラミング教育にも使われており、同社の教育向けプログラム「Sphero Edu」についても詳細が語られた。

○ドットマトリクスLEDを搭載した「Sphero BOLT」

Spheroは、米コロラド州に本社を置く、コンシューマ向けスマートトイ製品を開発・販売するメーカーだ。同社の製品は、社名を冠するボール型ロボット「Sphero」シリーズのほか、ピクサーの「カーズ」やスターウォーズ関連の公式リモコン玩具などがある。なかでも、Spheroシリーズは2011年の発売以来、着実に市場に受け入れられており、近年は教育市場でも好評を博している。

Spheroシリーズは、ポリカーボネート製の透明な密閉型ボディに身を包んだ主力モデル「Sphero SPRK+」と、ふた回りほど小さくリーズナブルな「Sphero Mini」が販売中だが、今回新たに8×8ドットのフルカラーLEDを搭載し、赤外線通信やデジタルコンパス、光センサーも内蔵した「Sphero BOLT」が最上位モデルとしてラインアップに追加された。

Sphero Mini以外のモデルは、高いところから落ちたり水に濡れても平気なので、かなりヘビーな遊び方もできる。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。