島倉千代子さん最後の肉声をノーカット放送 南こうせつ「奇跡です」

島倉千代子さん最後の肉声をノーカット放送 南こうせつ「奇跡です」
きょう8日に放送されるフジテレビ系番組『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜21:00~)では、ちょうど5年前に亡くなった歌手・島倉千代子さんを特集する。

今回は、島倉さんの秘蔵映像を特別公開。元付き人の綿引あつ子さんや、島倉さんが歌手活動60周年を記念する新曲の作成依頼をした南こうせつのインタビューを交え、その波乱万丈の生涯に迫っていく。

島倉さんのヒット曲「人生いろいろ」は、まさに彼女の人生を描いたような歌。人気絶頂時の結婚離婚、元夫の事業失敗や連帯保証人になった相手の夜逃げにより、島倉さんは一時、利子などを含めて総額16億円の借金を背負うことになる。番組では、島倉さんがまだ借金返済に苦しんでいた1984年に開催された「歌手生活30周年コンサート」でお祝いにかけつけた故・美空ひばりさんが、島倉さんの借金について触れた貴重な映像を公開する。

その借金を98年にようやく完済できたが、93年に乳がんを発症。この時、島倉さんが開いた記者会見が、芸能界で初めてがんを公表した会見と言われている。番組では当時、世間に衝撃を与えたこの会見の様子や、闘病中の医師とのやり取りをとらえた貴重な映像を発見し、特別に公開する。

退院後、すぐに歌手活動を再開させた島倉さんだったが、2010年には肝臓がんを患ってしまう。度重なる手術を受け、必死にがんと闘う島倉さんの生きる希望は、14年に開催を予定した「歌手活動60周年コンサート」。島倉さんはそのための新曲作成を、かねてからファンだった南こうせつに依頼する。こうして念願がかなって完成した新曲「からたちの小径」だったが、レコーディングが行われたのは、島倉さんが亡くなる3日前だった。

番組では、この島倉さん人生最後の歌声を公開。さらに、その歌と共に録音されていた最後の肉声メッセージをノーカットで放送する。そして、作詞作曲を担当した南が、島倉さんがなぜ死の3日前にレコーディングを行ったのかを語り、「最後の最後、死ぬ間際まであれはありえないです。奇跡ですよ」と舞台裏を明かす。

スタジオには、島倉さんと50年来のつきあいで「お母さん」と慕ってきた小林幸子を迎え、彼女にしか語ることのできない島倉さんの人生の裏側を語る。ナレーションは徳光和夫が担当する。

(C)フジテレビ

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。