『世にも奇妙な物語』は新たな才能が集まる“枠” 石原隆×小椋久雄対談

『世にも奇妙な物語』は新たな才能が集まる“枠” 石原隆×小椋久雄対談
タモリにダメ元でオファー
2019年4月30日に幕を下ろす「平成」。マイナビニュースでは、「平成」の中で生み出されたエンタメの軌跡をさまざまなテーマからたどる。この「平成を駆け抜けた番組たち」は、平成の幕開けと同じ時期にスタートし、現在まで30年にわたって続く番組をピックアップ。そのキーマンのインタビューを通して、番組の人気の秘密を探っていく。

第8回は、平成2(1990)年4月にスタートした、フジテレビ系オムニバスドラマ『世にも奇妙な物語』。あのテーマソングに、タモリの淡々とした語り口が聞こえてくれば、誰もが奇妙な世界に引き込まれるほど定着しているが、約30年にわたって膨大な数のエピソードを生み続けることができる理由は何か。

番組を立ち上げたフジテレビの石原隆取締役と、元共同テレビで現在は尚美学園大学の教授を務めながら、最新作『’18秋の特別編』(11月10日21:00~23:10)でも制作に携わる小椋久雄氏に、思い出話に花を咲かせてもらいながら伺った――。

○放送予定のドラマが急きょ中止で…

――現在の『世にも奇妙な物語』が始まる前に、深夜で『奇妙な出来事』という前身番組があったんですよね。

石原:はい。『奇妙な出来事』は89年10月に深夜の30分枠で始まったんですが、そのもっと前に『フローズンナイト』という単発番組があったんですよ。週末の午後帯に、不可思議でファンタジーなオムニバスドラマを2時間で3本立てでしたかね。その企画と監督を務めたのが小椋さんです。当時フジテレビに「深夜の編成部長」というシステムがあって、3代目を私がやっていたときに、『フローズンナイト』のようなオムニバスドラマをぜひやりたいということで、『奇妙な出来事』を始めたんです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 斉藤由貴 不倫

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

「斉藤由貴 + 不倫」のおすすめ記事

「斉藤由貴 + 不倫」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「上戸彩」のニュース

次に読みたい関連記事「上戸彩」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中山美穂」のニュース

次に読みたい関連記事「中山美穂」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。