『GODZILLA』ギドラナイトでクリエーターが語る、実写とCGで「怪獣はどう造形されてきたか」

『GODZILLA』ギドラナイトでクリエーターが語る、実写とCGで「怪獣はどう造形されてきたか」
"アニゴジ"ことアニメーション映画『GODZILLA』シリーズの第3弾にして"最終章"となる『GODZILLA 星を喰う者』(監督:静野孔文・瀬下寛之)が、本日11月9日より全国劇場にて公開された。7日には、映画公開を記念した上映イベント『ギドラナイト』が東京・立川シネマシティにて催され、『GODZILLA 星を喰う者』にも登場する人気怪獣「キングギドラ」の魅力について、ゲスト陣が熱きトークを繰り広げた。

『ギドラナイト』とは、2001年に劇場公開された『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』(監督:金子修介)のフィルム上映と、本作でゴジラ、モスラ、キングギドラの造形を手がけた品田冬樹氏、アニメーション映画『GODZILLA』シリーズで監督を務めた瀬下寛之氏、そして造形監督のポリゴン・ピクチュアズ片塰満則氏を迎えてのトークショー「ギドラを現すこと、造形としての怪獣表現とは」で構成された、スペシャルなイベントである。

現在は円谷プロの造形部門LSSに属し、実写特撮における造形の第一線で活躍し続ける品田氏と、CGの最前線を走り続ける瀬下監督、片塰造形監督は、みなゴジラをはじめとする怪獣ファンでありアニメファンでもあるため、初対面ながらいきなり意気投合。今回のアニゴジ最終章『GODZILLA 星を喰う者』には、かつて実写版「ゴジラ」シリーズにおいてゴジラと何度も激闘を繰り返した宿命のライバルというべき怪獣・キングギドラが形を変えて登場するということもあって、スクリーンにキングギドラが登場した最後の実写特撮映画である『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』を上映し、「特撮スーツとCGと表現技法は違えど、"怪獣を造形する"という共通のプロセスを両者はどのように果たしてきたのか?」というテーマに沿って、品田氏、瀬下氏、片塰氏の3者のトークが行われた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2018年11月9日のIT記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。