iPadをノートPCに分類、Appleの狙いと悩み - 松村太郎のApple深読み・先読み

iPadをノートPCに分類、Appleの狙いと悩み - 松村太郎のApple深読み・先読み
●高い評価を集める新iPad Pro
Appleは11月7日、初のデザイン変更を伴うモデルチェンジとなったiPad Proを発売した。発売日には、店頭在庫が売り切れる店舗もあるなど、非常に好調な滑り出しを見せているようだ。

iPad Proは、iPhone XRと同じく縁まで敷き詰めたLiquid Retinaディスプレイを備え、デバイスのサイズを維持しながらディスプレイを11インチに拡大したモデルと、12.9インチのディスプレイサイズのまま本体を小さくしたモデルを用意した。

アクセサリ類も刷新され、これまで持ち運びと充電に苦慮していたApple Pencilは、本体右側面に磁石で吸い付いてワイヤレスで充電できるようになった。キーボード付きカバーはSmart Keyboard Folioとなり、フラットで浅いキーボードはそのままに、デスクと膝の上の2つのポジションに対応し、個人的には非常にうれしい背面まで包み込むデザインへと変化した。

3年目となるiPad Proは、それまで存在していた問題解決を数多くこなし、iPadの中で、あるいは現状のタブレット市場の中で最も魅力的な製品に仕上がった。しかし、この評価は、Appleにとってあまり喜ばしいことではないかもしれない。特に「タブレット市場の中で」という部分だ。
○「iPadタブレットではない」という解釈

10月30日のニューヨークでのイベントの2日後、アップルは2018年第4四半期決算を発表しており、iPadの販売台数は1,000万台を割り込んだ969万9,000台、売上高は前年同期比15%減の40億8,900万ドル(約4,610億円)となった。iPadが昨年と同じ6月に発売されなかったことが響いていることが、平均販売価格が46ドル(約5,200円)ほど低下した421.6ドル(約47,500円)であったことからもうかがえる。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2018年11月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。